宮野ひろみのフラメンコ動画レッスン

基本のマルカール(3拍子)

2018年11月22日 22時53分

マルカールはスペイン語で「マークする」「印をつける」という意味があります。
マルカールは、コンパスを感じながらしっかりアクセントを「マークする」ことが大切です。相槌を打つような気持ちで踊りましょう。
今回はフラメンコの基本となる3拍子の「マルカール」のポイントを3つご説明します。
 

 

今回のポイントは以下の3つです。
①腰から動くこと
②アクセントは強くハッキリと
③後ろ足は床を押すように

①腰から動くこと

腰から動くことで、テンポ感がミュージシャンに伝わります。

ゆったりと大きく動きましょう。

②アクセントは強くハッキリと

3拍子の1拍目にアクセントを入れます。

アクセントをハッキリ出すことによって、踊りに抑揚が出ます。

足を打つ前にしっかり上げる動作が決め手です。

③後ろ足は床を押すように

後ろ足をあっさりと床から離してしまうとテンポを早めてしまいます。

足の裏を感じながら床を押すようにしましょう。

踊りに粘り気が出てフラメンコらしくなります。
動画を見ると、「 3 」で後ろ足を床に押し付けてリズムを出していることがわかります。

足を床から離したり降ろしたりするタイミングで、テンポが変化していきます。


フラメンコを踊ることは、ミュージシャンと一体になる事です。
その為には、マルカールで始まりマルカールで終わると言っても過言ではありません。
マルカールはリズムを刻む基本になりますので、しっかりと習得しましょう!